人を選ぶ?ヤングローン・学生ローン「キャンパス」の評判を8項目から解説

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
    人を選ぶ?ヤングローン・学生ローン「キャンパス」の評判を8項目から解説

    「今必要なお金を、できれば親に知られず用意したい。
    キャンパスという学生ローンは他社より金利も低いようだけれど…?」

    東京都を中心に複数存在する「学生ローン」。「キャンパス」もその一角ですね。
    もちろんこちらは貸金業者としての営業許可を得た、正規の金融機関ではあるのですが…。

    正直なところこちらの会社、

    • 家族バレを100%防ぎたい場合にはおすすめできない
    • みずほ銀行ユーザー以外にはおすすめできない
    • ユーザーサービスや使い勝手に関して言えば、もっと良い業者が他にたくさん存在する

    といった理由から、決して万人向けではありません。
    基本的には

    • みずほ銀行ユーザー
    • 友達の紹介を受けた人、または友達を紹介できる人

    向けと言えるでしょう。

    今回はそんな「キャンパス」について、

    • この会社が万人向けと言えない理由
    • 申込み~借入、返済に至るまでの流れと注意点

    等を中心にまとめました。
    読み進めて頂ければ、今のあなたに合った借入方法が分かります。

    8項目から見る「キャンパス」のメリット・デメリットと申込みの前提条件

    8項目から見る「キャンパス」のメリット・デメリットと申込みの前提条件

    それでは早速、あなたが「キャンパス」への申込みを検討すべきかどうか確認してみましょう。

    ①「キャンパス」の基本情報:このローンを選ぶべきはどんな人?

    学生ローン・ヤングローンの「キャンパス」基本情報を、「学生が単独で利用できるローン」の中で比べて評価付けすると以下のようになります。

    8項目から見る「キャンパス」の特性
    金利男性:○
    (年16.8%)
    女性:◎
    (年15.6%)
    借入スピード
    最短即日融資
    (平日のみ)
    審査の通りやすさ
    期待十分
    家族へのバレにくさ
    郵送物必須
    バイト先へのバレにくさ
    在籍確認なし
    借入の便利さ等
    振込のみ
    再融資には要審査
    返済の便利さ等みずほ銀行ユーザー:△
    その他銀行ユーザー:×

    みずほ銀行口座への振込のみ、かつ手数料は利用者負担

    友達紹介
    紹介者に最大5,000円プレゼント
    総合評価
    万人向けではない。
    使い勝手より金利の低さを重視したい「みずほ銀行」ユーザー向け

    ご覧の通り「キャンパス」の金利自体は優秀。
    つまり同じお金を同じ期間借りたときの利息(サービス料)は他のローンより安くなりやすいのですが…。
    (参考:一般的な学生ローン上限金利は17%程度)

    最大の懸念となるのは「返済方法がみずほ銀行口座への振込のみ」という点。
    もしもあなたが「みずほ銀行」以外の口座を使っているのなら、振込手数料(数百円/回)のせいで低金利の意味は無くなるどころか、結果的に他社ローンより損をしがちです。

    そのため「キャンパス」を利用すべきは、低金利を活かせる「みずほ銀行」ユーザーに限られるでしょう。

    • 多くの友達を紹介できる
    • 他行宛て振込手数料無料の銀行口座を普段から使っている

    といった場合はその限りでないものの、該当する方は少ないだろうと思います。

    みずほ銀行ユーザー以外はどうすればいい?

    多くの学生ローンは「みずほ銀行」に加え、「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」の返済用口座を用意しています。
    あなたがいずれか2行の口座をお持ちなら、その他の学生ローンへの申込みを検討すると良いでしょう。
    ちなみに例外的に「カレッヂ」は、全国の「セブン銀行ATM」を使った手数料無料での入金返済に対応しています(口座問わず)。

    CHECK今1番おすすめの学生ローンは「カレッヂ」、その理由と全12ローン一覧

    また「プロミス」「レイクALSA」等の大手消費者金融会社を使えば、使っているのが大手銀行口座でなくてもインターネットを通し、手数料無料で返済可能。またユーザーサービス・使い勝手の方面ではすべての学生ローンを上回ります

    あなたが「みずほ銀行」ユーザーでないのなら、こういった他社ローンを活用するのが良いでしょう。

    CHECK学生ローンと消費者金融会社(サラ金)の違いは何?特色と選び方を簡単解説
    CHECK【初心者向け】プロミス申込前に知っておくべき5つの注意点と金利の仕組み

    ★また、あなたが「みずほ銀行」ユーザーであったとしても、

    • 毎月の返済を自動引き落としで済ませたい
    • 2回以上お金を借りる可能性がある

    といった場合には、大手消費者金融(プロミス等)の選択が推奨されます。

    ②このローンへ申し込める学生は「アルバイトをしている成人」だけ

    「キャンパス」の申込み条件は以下の通りです。

    「キャンパス」申込み条件

    • 20歳~34歳までの学生(または社会人)の方
    • 顔写真付きのものを含む、身分証明書2点を提示できる方
       (学生は学生証必須)
    • アルバイトをしている方

    学生ローンではありますが、

  • 未成年者
  • アルバイトをしていない方
  • の申込みは受け付けていませんのでご留意ください。

    ちなみにあなたが「高校卒業後の18歳または19歳で、アルバイトをしている」のなら、未成年者でも唯一単独契約が可能な「カレッヂ」を選ぶことになるだろうと思います。

    ★貸金業法の制限上、アルバイトをしていない学生が学生ローンを利用することは、原則としてできません。

    ヤングローン・学生ローンの「キャンパス」は家族やバイト先に知られず借りられる?

    ヤングローン・学生ローンの「キャンパス」は家族やバイト先に知られず借りられる?

    ここからは「みずほ銀行ユーザーかつ成人」というあなたのため、「キャンパス」のサービスを詳しく解説していきます。

    ①自宅への郵送物の完全回避は不可能…

    学生ローンへの申し込みを検討している方にとって、気にされやすいのが「親バレ」についてですが…。

    前提として、「キャンパス」を利用する上で親権者の同意は必要ありません。
    が、これ自体はどのローンも同じ。また「キャンパス」は契約時に自宅への郵送物を避けることが出来ません

    一応家族バレを気にする方のため、要件を伏せて個人名で郵送物を送るのは可能とのことですが…。
    「どこから、何のために届いたのか分からない封筒」が自分宛てに届くのは困る、という場合には、「キャンパス」の選択を避けた方が良いでしょう。

    ちなみに多くの学生ローンは店頭にて契約を行うことで、郵送物の送付を避けられますが…。
    実際に問い合わせを行ったところ、現在の「キャンパス」は店頭での手続き対応を行っていないとのことでした。

    郵送物なしで借りられる方法はないの?

    自宅への郵送物を避け、ローン契約を結ぶ方法は以下の2通りとなります。

    「カレッヂ」等、その他の学生ローンで「来店契約」を利用する
    「プロミス」「レイクALSA」等の大手消費者金融会社を利用する(来店なしでも可)

    どちらを選んでも構いませんが、学生ローンの店舗は高田馬場に集中しています。難なくその方面へ出向ける方でないと、なかなか利用しづらいのは確かでしょう。

    ということで基本的には、

    • 「来店なし+郵送物なし」の両立が可能
    • 全国各地に店舗を設置している
    • 基本のサービス、使い勝手が学生ローンより優秀

    といった利点を持つ、大手消費者金融の選択を推奨します。

    CHECK【即日VS銀行】郵送物なしで借りれるカードローンはここだ!おすすめ3選と注意点

    ②在籍確認は原則行われないのでバイト先バレは気にしなくてよい

    「親バレ」を100%防ぎたい場合には推奨しかねる「キャンパス」ですが…。

    その一方で「バイト先バレ」の方面ではほとんど心配不要。
    ローン審査に伴い必要となりやすい、在籍確認(勤務先確認)の電話は原則不要となっているからですね。

    勤務先への在籍確認は基本的にしておりません。確認が必要な場合、お客様のご了承を得てからお掛け致します。

    (「キャンパス」公式HPより)

    …とは言えこれは「カレッヂ」はじめとする他社学生ローンにも共通する特性ですので、「キャンパス」独自の利点や差別化点と言うことはできません。

    「キャンパス」の金利や限度額は比較的優秀

    「キャンパス」の金利や限度額は比較的優秀

    多くの学生ローンが存在する中で、「キャンパス」独自の利点と言えるのはやはりその低金利
    ここからは「キャンパス」の契約条件についてお話しさせて頂きます。

    ①男性の基本金利は16.8%、月当たりの利息は「借入額の1.4%」程度

    男性の学生が「キャンパス」を利用する際の金利は「年16.8%」

    …と言うと非常にピンと来づらいものですが、こちらを1ヶ月あたりの数字に直すと月1.4%
    つまりキャンパスでお金を借りると「月あたり、借入額の1.4%の利息(サービス料)」が発生するわけですね(実際には誤差あり)。

    例:5万円を1ヶ月借りた場合、700円の利息発生

    この金利は「カレッヂ」(年17%)はじめとする他社学生ローンと比べても、若干ながら低い数字となります。

    ②女性はさらに金利優遇あり、15.6%(月1.3%程度)で借りられる

    「キャンパス」は女性の学生に対し金利優遇を行っています。

    このときの貸付金利は「年15.6%」
    月当たりに直すと1.3%、つまり女性がキャンパスから借りるなら、「月あたり、借入額の1.3%の利息(サービス料)」を支払う形となるわけですね(実際には誤差あり)。

    例:5万円を1ヶ月借りた場合、650円の利息発生

    この数字は業界全体を見渡してもかなり低いもの。
    少なくとも東京で利用できる学生ローンの基本金利として比べたなら、最安と言って良いはずです。
    (「ニチデン」という会社の学生ローンはより低金利ですが、こちらは関西限定)

    ★とは言え先述の通り、毎月数百円の振込手数料が掛かっているようでは低金利の意味が無いどころか、結果的に高負担となってしまいます。
    (220円の振込手数料は月利1.3%で約1.7万円を借りる際の利息に相当)

    「キャンパス」における低金利という利点を活かせるのは「みずほ銀行」ユーザーにほぼ限定されることでしょう。

    ③最高限度額は50万円、ただし…。

    「キャンパス」における最高限度額(融資額)は「50万円」。学生ローンの中では高い方ですね。

    …とは言え貸金業法という法律に縛られる学生ローン各社は、個人に対し「年収の3分の1」を超えるお金を貸すことができません。

    そのため50万円を借りられる可能性があるのは、アルバイト等で「年150万円」を稼いでいる方に限られます。
    よってほとんどの学生にとって、満額の借入は不可能と言って差し支えないでしょう。あらかじめご承知おきください。

    が、学生に対して10万円超の融資を行うことが滅多にない大手消費者金融に比べれば、比較的大きなお金を借りやすいのは確かだろうと思います。

    ★融資額はキャンパスの判断(審査)によって決定します。
    年収の3分の1の範囲であれば確実に希望額を借りられる…というわけではありませんのでご留意ください。

    「アルバイトをしている成人」ならキャンパスの審査をそこまで不安に思う必要はない

    「アルバイトをしている成人」ならキャンパスの審査をそこまで不安に思う必要はない

    さて、「キャンパス」からお金を借りるためには所定の「審査」に通る必要がありますが…。

    結論から言うと、あなたが、

    • アルバイトをしている成人である
    • すでに年収の3分の1に迫るお金を他社で借りていない
    • 他社での借入などを延滞中でない

    の3点を満たすのであれば、審査をそこまで不安に思う必要は無いだろうと思います。

    そもそも学生を対象に融資を行うという時点で、「キャンパス」側は利用者に、会社員のような返済能力は要求していません。

    また、「キャンパス」のような小規模の業者は、よりサービスに優れる大手消費者金融よりも審査難易度を低めに設定し、「大手で借りられなかった人」を呼び込もうとするのが一般的です。

    ということで、よほど審査上のマイナス要素(他社借入、延滞など)がなければ、そこまで審査を不安に思う必要は無いでしょう。

    「キャンパス」で即日融資は受けられる?実際に電話で聞いてみた

    「キャンパス」で即日融資は受けられる?実際に電話で聞いてみた

    学生ローンの利用希望者には「極力急いで借りたい」という希望を持っている方も多いです。
    そこで実際に「キャンパス」へ、審査・契約のために必要な時間を問い合わせてみました。

    ①審査時間は「1時間半~2時間」、平日12時半頃までの申込みで即日融資を狙えるか

    実際に「キャンパス」へ問い合わせを行った結果が以下の通りです。

    【管理人】山本
    審査結果が出るまでにはどれくらいの時間が掛かりますか?
    オペレーターの回答
    お客様とスムーズに連絡が取れるかにもよるんですけれども、基本的には1時間半から2時間くらいになるかと思います。

    「キャンパス」が即日振込を行う対象は「平日14:30までに審査が完了」した方に限られます(公式HPに記載あり)。

    ということで逆算して考えると、即日融資を受けられるのは「平日12時半頃までに申し込みを済ませた場合」となりそうですね。

    ★審査自体は「平日10時~18時」の間にかけて行われています。
    14時30分以降に審査結果が出た場合には、「次の平日」に融資が行われることでしょう。

    ★ゆうちょ銀行口座宛てであれば17時まで振込可能とのことですが…。
    先述の通り、返済手段が「みずほ銀行口座への振込」に限られる都合上、ゆうちょ銀行ユーザーの「キャンパス」利用は推奨できません。

    ★申込み先に「プロミス」「レイクALSA」等を選べば、夜間の申込み(土日祝日含む)でも即日融資を狙えます。
    確実に、スピーディに借りたいという場合にはこちらもご検討ください。

    レイクALSA(新生銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~18.0%1万〜500万円お申込み後、最短15秒Webで最短60分融資も可能※
    申込条件郵送物回避条件
    • 満20歳~70歳までの安定した収入がある方(無職や専業主婦は申し込み不可)
    • 国内に居住する方
    • ご自分のメールアドレスをお持ちの方
    • 日本の永住権を取得されている方

    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)
    ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

    その他の貸付条件

    • 遅延損害金(年率):20.0%
    • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
    • ご返済期間・回数:最長8年、最大96回
    • 必要書類:運転免許証等
        ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
    • 担保・保証人:不要
    • ※商号:新生フィナンシャル株式会社
    • ※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号
      日本貸金業協会会員第000003号

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • Webで申込むと60日間特典または180日間5万円以下特典
      ※初めてなら初回契約翌日から特典。
      ※特典期間経過後は通常金利適用。
      ※30日間特典、60日特典、180日間特典は併用不可。
      ※60日特典はWebで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。
      ※ご契約額が200万円超の方は30日間特典のみになります。

    • 2020年4月16日より順次、提携ATMでのお借入れ・ご返済時の手数料を有料化
    • 日曜日の無人契約機受付時間(2020年4月1日より)・第三日曜日の営業時間(審査対応時間含む)は19時まで

    CHECK【即日融資に強い消費者金融ランキング】来店あり/なし別おすすめ申込み先&口コミも

    ②ちなみに現在、店頭での受付は行っていないとのこと

    店舗型の学生ローンは、インターネットではなく店頭で申込みを行うことで、即日融資の確実性を上げられることが多いのですが…。

    これについて「キャンパス」に問い合わせを行った回答が以下の通り。

    【管理人】山本
    店舗での手続きはできないのでしょうか?
    オペレーターの回答
    今はやってないです。

    ということで現行の「キャンパス」は「インターネット申込み・振込専門」となっている模様。
    審査結果が出るのが「平日14時半」以降になりそうなら、即日融資を受けるのは不可能と考えて良いでしょう。

    ヤングローン・学生ローンの「キャンパス」申込み~契約の流れと必要書類

    ヤングローン・学生ローンの「キャンパス」申込み~契約の流れと必要書類

    ここからは「キャンパス」への申込みを決めたあなたのため、その契約の流れを紹介させて頂きます。

    ①基本的な契約の流れ

    現在の「キャンパス」における、基本的な契約の流れは以下の通りです。

    「キャンパス」契約の流れ

    インターネットから申し込み
    携帯電話へ申込確認
    必要書類の提出
    電話で審査結果連絡
    振込
    キャンパスから契約書類の郵送
    記入して返送
    (回避不可)

    基本的には「キャンパス」からの電話連絡に応じ、言われた通りのこと(必要書類の提出など)を済ませるだけで問題ありません。

    また先述の通り、自宅への郵送物を避けることはできませんので、あらかじめご留意ください。

    ②「キャンパス」との契約に必要な書類

    学生が「キャンパス」を利用するにあたって、揃える必要がある書類は以下の3種類です。

    • 学生証
    • 運転免許証または健康保険証
    • 振込先を確認できる銀行キャッシュカード

    保険証を利用できることから、学生証を紛失していない限り特に困ることはないでしょう。
    各書類は「スマートフォンなどで撮影してメール送信」といった形で提出可能です。

    ★個人情報に直接かかわる書類を提出することに抵抗はあるかもしれませんが、ローン契約などを結ぶ際の本人確認は「犯罪収益移転防止法」で定められた必須事項となります。

    「キャンパス」の個人情報の取り扱い方針は公式HP上でも確認可能。
    不安がある場合には、こちらをチェックしておくと良いでしょう。

    CHECKキャンパス公式HP「個人情報保護宣言」

    「キャンパス」契約後の借入方法は「銀行振込」だけ

    ここからは、「キャンパス」で契約を結んだ後の借入方法についてお話しさせて頂きます。

    ①借入方法は「振込」だけ

    「キャンパス」における借入方法は「銀行振込」のみです。
    「カレッヂ」や「プロミス」のように、各ATMで利用できるカード発行には対応していませんのであらかじめご承知おきください。

    ②カードローンではないので再融資にも審査が必要

    初回の振込融資の他、「キャンパス」では再融資を受けることも一応可能ではありますが…。

    こちらのローンは「プロミス」や「カレッヂ」のように「一度契約を結んだら限度額の範囲内で何度でも借りられる」…という性質のものではありません
    再融資(2度目以降の借入)の際には再審査を受けることになります。

    実際のところ、順調に返済が進んでおり、「他社での借入が増えた」「他社で延滞を起こした」といった問題が無いのであれば、追加融資は難しくないと推測されますが…。

    一般的なカードローンと異なり、「一度契約を結べば、必要なときにいつでも借りられる」というわけでないことは押さえておきましょう。

    ★追加融資を希望する場合には、新規申込時と同じように「キャンパス」HPから申込みを行う形となります(会員向けの申込口をご利用ください)。
    新規申込時と同様、平日14時半までに再審査に通れば即日で振込融資を受けられます。

    ★再融資額は原則として、「初回審査の際に提示された限度額-現在の借入額」の差額となります。

    例:限度額10万円、現在の借入額4万円のとき、6万円まで借入可となることが多い

    これ以上の金額を借りようとすることも可能ではありますが、そのときの再審査難易度は普通よりも高くなります。

    「キャンパス」毎月の返済金額・返済方法とその注意点

    「キャンパス」毎月の返済金額・返済方法とその注意点

    ここからは、「キャンパス」から借りたお金の返済についてお話しさせて頂きます。

    ①返済方法は「みずほ銀行口座への振込」のみ

    冒頭でもお話しした通り、「キャンパス」における返済方法は「所定のみずほ銀行口座への振込」のみ
    この都合上、振込手数料が発生しやすい他行ユーザーの利用はおすすめできません。

    また、あなたがみずほ銀行ユーザーであっても、振込には以下の手数料が発生します。

    • 振込額3万円以下:110円/回
    • 振込額3万円超 :220円/回

    (注:いずれも「みずほダイレクト」利用時)

    他行ユーザーに比べれば安く済みますが、この点についてはあらかじめご承知おきください。

    ★ただし例外的に、あなたが「みずほ銀行高田馬場支店」の口座をお持ちなら、振込手数料は発生しません(みずほダイレクト利用時)。

    ②毎月の返済額は2,550円~

    「キャンパス」における毎月の最低返済額は以下の通りです。

    「キャンパス」毎月の最低返済額
    借入額最低返済額
    10万円以下2,550円
    10万円超
    ~20万円
    5,100円
    20万円超
    ~30万円
    7,650円
    30万円超
    ~40万円
    10,200円
    40万円超
    ~50万円
    12,750円

    毎月の返済負担は大手消費者金融に比べ軽め。

    ちなみに方式は「元利」、つまり「返済額の中から自動的に利息が徴収される」形ですのでご注意ください。
    これ自体は多くの学生ローンやカードローンに共通する内容です。

    例:10万円を金利16.8%で借りるとき、月の利息は1,400円程度。
    この場合に2,550円を返済すると、1,400円が自動的に利息として徴収され、実際に返済に充てられるのは差額の1,150円
    2,550円を返済しても借入が1,150円しか減らない

    ★毎月の返済日は選択可能です。アルバイト先の給料日や仕送りの振込日の直後などを選択すると良いでしょう。

    ③支払い総額を抑えるためには「短期返済」を心掛けたい

    「毎月の返済額の中から自動的に利息が徴収される」という性質上、思ったよりも返済が進みにくい「キャンパス」。
    最低返済額でのみ支払いを続けると、振込手数料の問題も相まって支払い総額は高額になりがちです。

    それなら一体どうすればよいかと言えば…。
    毎月の返済額を高くすることが最も有効です。

    先述の通り、「キャンパス」の利息は

    • 月1.4%程度(男性)
    • 月1.3%程度(女性)

    です。
    そして支払い総額を減らすためには、利息の発生回数を抑えるのが一番。
    つまり極力負担額を抑えて「キャンパス」を利用するためには、「毎月の返済負担額を高めにして、出来る限り早く返す」ことが重要となるわけですね。

    金利16.8%で20万円を借りる場合の比較
    毎月5,100円を返済292,127円
    (59回/4年11ヶ月)
    +振込手数料計6,490円※
    298,617円
    毎月2万円を返済217,060円
    (11回)
    +振込手数料計1,210円※
    218,270円
    差額80,347円
    ※「みずほダイレクト」による振込(110円/回)を想定

    毎月の振込額は、上に挙げた「最低返済額」以上であればいくらであっても構いません。
    余計な利息や振込手数料を支払わずに済むよう、極力短期間での完済を心がけましょう。

    キャンパスの口コミ・評判、体験談

    口コミ

    • 「キャンパス」の利用体験談

    二浪して志望大学に入れたことが嬉しくて、ついサークルなんかでハメを外しすぎてしまい、すぐにお金が足りなくなってしまいました。それで、先輩に紹介してもらったキャンパスを利用することになりました。
    自分はあまり計画的な人間とは言えないタイプなので、ローンを組むのは心配だったのですが、月々の返済は3000円以下で済むので、数万円くらいの借入なら返済計画もそれほど必要ないと思います!
    僕が借りたのは5万円でした。
    考えていたよりずっと簡単に借りられたのでよかったです!

    口コミ

    • 「キャンパス」の利用体験談

    就活費用や交際費をまかなうために、キャンパスを新規で利用致しました。
    借り入れ額は7万円、限度額は10万円でした。当時はアルバイトで、月収8万円前後、実家暮らしでした。
    1度返済を忘れてしまい、ケータイに電話が掛かってきましたが、それ以外は何の問題もなく利用できました。
    もう完済済みですが、無理な勧誘や郵送物などもありません

    先述の通り、ユーザーサービス面が他社に比べ優れている…とは言い難いキャンパスではありますが、「お金を借りる」ことを主目的とするなら特に難なく利用できることでしょう。

    よくある質問1:学生ローンとヤングローンの違いは何ですか?

    よくある質問1:学生ローンとヤングローンの違いは何ですか?

    ここからは、「キャンパス」に関するよくある質問にお答えしていきます。

    まず、学生ローンを見比べる上で気になるのが、キャンパスにのみ見られる「ヤングローン」の文字ですが…。
    これは単に、「学校を卒業した人でも新規申し込みが出来る」という意味に捉えていただいて構いません。

    これは一見すると、「他の学生ローンと違って卒業後も借りられる」という意味にも取れますが…。
    「カレッヂ」等の他社においても、契約時に学生であれば卒業後も利用できるのが一般的。

    よってキャンパスが学生以外の方の申し込みを受け付けていることは、学生さんにとってほとんど「どうでもいいこと」と言ってしまっても良いでしょう。

    よくある質問2:学校卒業後も利用できますか?

    はい、そもそもキャンパスは学生専用ローンでもありませんし、問題なく利用可能です。
    ただし住所や勤務先が変わった場合等には「キャンパス」に連絡を入れる必要があるでしょう。

    ★就職して安定収入を得たなら、より借入条件の良い銀行カードローン(みずほ銀行のもの含む)等で「借り換え」を行っても良いでしょう。

    ヤングローン・学生ローンの「キャンパス」まとめ

    ヤングローン・学生ローンの「キャンパス」まとめ

    ポイント
    • 「キャンパス」は原則として「みずほ銀行ユーザー」(または友達を紹介できる人)以外は利用しづらい会社。
      借入・返済の勝手は決して良いとは言えないのであらかじめ注意しておきたい
    • 自宅への郵送物の回避は不可。家族バレを気にするなら、店舗型の学生ローン(ほぼ東京都心のみ)や大手消費者金融などを選びたい
    • ただし金利面は優秀。特に女性の学生であれば年15.6%(月1.3%)の低金利で借り入れ可能
    • 即日融資を受けるためには「平日12時半」までに申込みを済ませたいところ

    決して万人向けとは言えませんが、特に「みずほ銀行ユーザーの女性学生」にとっては好条件で利用しやすい「キャンパス」。

    あなたがみずほ銀行ユーザー、かつ借入・返済の勝手よりも金利の低さ(あるいは友達紹介による現金プレゼント)を重視したいのであれば、この「キャンパス」は重要な申込み先候補となってくれることでしょう。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    みずほ銀行ユーザーの学生なら、低金利で借り入れできる「キャンパス」は、魅力ある商品のひとつです。
    ただし、返済時に振込手数料がかかってしまいますので、繰り上げ返済をするときには、ある程度まとまった金額を返済するのがおススメ。
    郵送物は回避できませんが、在籍確認ナシ!バイト先にバレにくいのもメリットです。
    とはいえ、審査日が限られる、即日振込は平日のみ等の制約があります。他社と比べて、自分のニーズとマッチしているかを見極め利用しましょう。
    

    


    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい